パニックシステム、防音・気密ドア、鉄道車両・船舶用自動ドア
お問い合わせ電話番号:03-3474-1751(ドリーム自動ドア代表)
Home > ドリーム自動ドア > リニューアル・部品交換
  • 現在の自動ドアをリニューアルしたい
  • 手動ドアを自動ドアにしたい
  • センサーが反応し難い
  • ドアが開き難い、閉じ難い
  • ドアから異音がする
  • 音の静かなエンジン

    静音性能に優れたDCブラシレスモーターの採用により、押切り・微動時の唸り音がありません。

  • 全閉時は扉を押し付け

    扉が全閉状態の時は、扉を戸当り側に押し付けて全閉状態を保持する機能を装備しており、ムダな隙間をシャットアウトします。

  • アルミチャンネル

    チャンネルとハンガーレールを一体化したタイプと、ハンガーレールをチャンネルと分離させたレール交換の容易なタイプもご用意しております。

  • メモリー機能搭載

    扉の開閉ストロークやブレーキ位置などのデータを記録するメモリー機能を搭載。
    施工時の読み取り動作で開閉ストロークやブレーキ位置を記憶させれば、電源を切ってもそのデーターは保存され、再度電源を入れた際にも読み取り無しで即座に通常動作を開始します。

  • 各種オプション機能

    ・専用の電気錠 ・インターロック ・煙感知器 ・地震感知器 ・全半開切替 ・開閉時信号

    人に優しい動作設定

    扉の開閉速度、全開時の開放タイマーなど、設置状況に合わせたきめ細やかな設定が可能です。

    ハンディターミナル方式もラインナップ

    自動ドア設置後も安心してご利用いただけるように、施工及びメンテナンスを指定専門会社が責任をもって担当させていただくID機能搭載機種もご用意しています。

当社の自動ドア装置はコスト優先の簡易タイプから、各種特殊機能・オプション機能などをフル装備したタイプまでラインアップしており、店舗・マンション等の一般建築から病院、学校、工場、船舶、鉄道車輌など幅広い分野で採用されています。

他にも様々なご要望にお答致します。詳しくは弊社担当までご連絡下さい。
お電話での相談
扶桑電機工業株式会社 ドリーム自動ドア 0120-389-230
自動ドアの部品交換時期は、周囲環境(温湿度、粉塵等)、通行状況(開閉回数、扉重量他)により大きく変化しますが、良好な状態でお使いいただくためには日常の維持、管理が必要です。
自動ドアは懸架部、動力部、作動部、制御装置、センサー部から構成されています。
この中でも懸架部、作動部が特に消耗される部品で、早めの交換をお勧め致します。
自動ドアをより長く、安全・安心・快適にご利用いただけるよう「自動ドア施工技能士」がサポート致します。
このような場合は部品交換をお勧めいたします。
1.時々開いたまま閉まらない コントローラー及びモーター本体、起動センサー、補助光線センサーの老朽化による誤作動
2.扉がレールからはずれてしまう 吊車が摩耗しているため吊車の交換、踊り止めがまもうしているため踊り止めの交換
3.モーターからの異音、開閉時のガタつき モーター本体の老朽化によるため、モーター本体又はハンガーレールの交換
4.扉の前を人が通る度開いてしまう 光線センサーからタッチ式センサーに交換
5.扉が開かない・時々開かない 起動センサーの老朽化、起動センサーの交換
6.日光が当たる時間だけ開いたまま閉まらない 補助光線センサーの老朽化による誤作動、補助光線センサーを交換
7.扉動作中の異音 キーキー音などのこすれ音、振れ止めの摩耗によるための振れ止めを交換
(例)センサーの反応が悪いケース
ご注意!!
交換の必要のない部品を交換し、法外な代金を請求する業者も見受けられます、このような業者の多くは、自動ドア施工技能士の資格を持っていなかったり、不適切な作業をする可能性があります、ご注意下さい。
お電話での相談
扶桑電機工業株式会社 ドリーム自動ドア 0120-389-230
Copyright(c) 2012 FUSO ELECTRIC INDUSTRIAL CO.,LTD All Rights Reserved.