パニックシステム、防音・気密ドア、鉄道車両・船舶用自動ドア
お問い合わせ電話番号:03-3474-1751(ドリーム自動ドア代表)
Home > ドリーム自動ドア > BD 防音ドア
保守 リニューアル ガイドライン
ドリームとNHK(日本放送協会)が共同で開発した高性能防音ドアです。従来は主にスイング式であった防音ドアを、コア厚わずか40mmのスライド式自動ドアで実現した画期的な製品です。
独自のノウハウで7層に積層されたドア材にゴムガスケットを装着、さらに「3次元閉鎖システム」によって完全密閉することによって高い防音効果を発揮。その性能は、NHK技術研究所の測定によって「NHK防音扉Cタイプ」に認定されました。
スイング式防音ドアには不可欠であった床部分の段差やレール、溝がなく、台車などの通行が大変スムーズですから、重い機材の搬入もラクラク。緻密な録音・放送作業が行われるスタジオや、病院の手術室・分娩室で活躍中のドアシステムです。
	
●閉鎖時には、ドアを懸架している吊車がレールの凹みに落ちることによってドアが斜め下方45度の角度で落ち、壁枠に押し付けられ密着します。
●特殊遮音材7層構造のドア材は、多岐にわたる遮音テストの結果採用された独自のドア材です。
●密閉のためのゴムガスケットには、その性能を永く維持できるよう表面に耐摩耗処理が施されています。
●戸先にはエッジスイッチを標準装備。閉動作中、戸先に障害物がぶつかった場合には自動反転します。
●停電の場合にはドアに設けたレバーによって手動開放できます。
Copyright(c) 2012 FUSO ELECTRIC INDUSTRIAL CO.,LTD All Rights Reserved.